自分のことだけ考える。

book
スポンサーリンク

時間の合間を見つけては、本を読むようにしている僕です。
読書は自分の知識を増やすのにとってもいいものだと思います。ネットで色々調べるのも確かにいいと思うのですが、本を読むと言う行為に比べて記憶として残りにくいような気がします。
同じ活字を読むと言う行為自体は変わらないのですが、スマホやタブレットなんかでフリックして読み進めると言うことよりも、1ページ1ページめくりながら読み進めていくと言う行動が記憶を形成するのではないかと。
勝手に思っております。
堀江さんの本は何冊か読ませていただいております。本当に心に響く内容のことが書かれていて自分を奮い立たせてくれます。

「自分のことだけ考える。ー無駄なものにふりまわされないメンタル術ー」堀江貴文著
一つ一つのテーマが短くて本当にサクサク読み進めていける一冊です。
流石に堀江さんと同じような行動はできませんが、それでもこう言う気持ちの持ちようって言うかメンタルの作り方って大切だなといつも勉強させられています。
やっぱり賢い方の意見と言うか考え方って本当にすごいなと。簡単に言うけど、それだけのことをしているからこそ説得力があると思います。
賢い人と言うのは本当にすごいなぁと感じる今日この頃です。
 
読書がお好きな方、今の人生に悩んでいる方など一度読んでみてはいかがでしょうか。

 
以上、ヨシヒコでした。

コメント