”合コン離れ”が進んでいる?現代の若者が感じる合コンとは。

culture

どうも、ご無沙汰しておりますヨシヒコです。
20日ぶりぐらいの更新になってしまいました(苦笑)
全くダメな野郎です…

今回は少し時間ができたので、久々にニュースを見て感じたことを書いてみたいと思います。

皆さんは「合コン」は好きですか?
「合コン」に参加された経験はありますか?

僕は一度もありません(苦笑)
普通の飲み会なんかはもちろん参加した経験はありますが、「合コン」は参加したことはありません。

お酒が飲めないということもあり、出来るだけそういった場には参加しないようにしていますので、必要以上にお酒の場に出ることはありませんから「合コン」に参加したことはありません。

「合コン」をご存知ない方はおられないと思いますが、一応簡単に解説しておきたいと思います。

「合コン」とは「合同コンパ」の略称で、出会いを求める男女数人が集まって行われるコンパ(飲み会)。単にコンパという場合もある。

ということです。
つまり、”出会いを求めている”ということが一般的な飲み会との違いということになるのでしょうか。
飲み会といえば、会社で開催される飲み会だったり、友人や知人と飲みに行くことも飲み会と言えるでしょう。
ただ、決定的な違いは”異性との出会い目当てで行くという部分が一番の違いのようです。
(ぶっちゃけ僕は初めて知りました(苦笑))

異性の出会いを求めるということは、生物の本能として残っているはずですが現在の若い男女は「合コン離れ」が進んでいるそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

若者の合コン離れ その実態はいかに

参加した経験がない僕がいうのは何ですが、僕の時代ではとても人気がありました。
周りの友達なんかは週末になると合コンに行ったりという人たちもいました。

良くそれだけ人を集められるなぁと感心したものです(笑)

そんな人気のあった合コンも今は少し違うようです。

若者の「合コン離れ」の実態 私たちが合コンに行かないこれだけの理由(マネーポストWEB) - Yahoo!ニュース
出会いの場として、古くからあるのが合コン。しかし昨今では、男女の草食化や、より効 - Yahoo!ニュース(マネーポストWEB)

「経験のため」と言って参加する方もいれば、「面倒臭い」や「場の空気が苦手」などと言って参加しない方もおられるようですね。

僕はお酒が飲めないのですが、もし仮にお酒を飲めたとしても”参加しない派”です。

僕の理由としては、「めんどくさいから」というのもありますが、「そういう場所で会う女性とは長続きしないだろうな」という印象があるからです(苦笑)

映画のイニシエーションラブみたいな一人だけ天使がいる!みたいなことってなさそうですし(苦笑)

 

もはや「合コン」の定義はない気がしますが…

経験のためと言っている人は本来の合コンの目的とズレているような気がするのですがどうなんでしょうか(苦笑)
それは合コンではなく、交流会というような感じなのでしょうか。

そもそも合コンの定義というものがよくわからないのでなんとも言えませんが、本来の目的は異性との出会いを求める場所であるのであれば、「他の業種の方と知り合うことができるチャンス」という回答は少し違っている気がするのは僕だけでしょうか。

それはとりあえず置いておいて(苦笑)

もともと「合コン」が何を目的に始まったのかがわかりませんが、本来の目的はやはり「異性との出会い」なのでしょうか。
異性との出会いと言っても、交際目的での出会い。

だとすれば、性的目的での「合コン」は少し違うということになるのでしょうか。
まぁそこは参加する人の気持ちや目的が双方のというか全員一致なのであれば問題ないのかなと思う部分もありますが(苦笑)

ですが、普通の飲み会でもそういう異性を意識することはあるでしょうし、わざわざ「合コン」を謳わなくてもいい気もしますね(笑)

 

お酒が強くない人には辛い場所かも…

人間様々ですから、ザルな人もいればゲコの人もいるわけです。

ですが、これまた面白いことに

「お酒は飲めないけどお酒は好き」
「お酒は飲めないけど飲み会なんかの雰囲気は好き」
「お酒は飲めるけど、別に好きではない」
「お酒は飲めるし、大好き」

なんていういろんなパターンの方がおられるのが人間の面白いところ!
僕も「お酒は飲めないけど、その場の空気や雰囲気は好き」なタイプです。
ですから、普通に居酒屋にも行きます(笑)

会社の飲み会なんかは基本的に参加はしませんが、仲間内なんかで飲むのは好きですね。
みんな僕がお酒飲めないこともわかっていますし(笑)



個人的に一番苦手なのが、「飲め飲め」と勧めてくるタイプの人

これは本当にたまりません。
飲めねーっつってんのに「飲め」と勧めてくる。

とは言っても、僕も旧タイプの人間ですからその場の空気を壊すようなことはできないので、自分が犠牲になって飲みますが(苦笑)

ですが、今の若い人たちにとっては辛い環境なのではないかと感じます。
むしろ未だとお酒を強要した時点で「パワハラ」などと言われそうですしね(苦笑)

と言った感じで、お酒が飲めない人にとってはそういう場所は辛いかもしれません。

僕は飲み会の経験しかありませんが、こういったお酒の入る場所というのは必然的に「一気飲み」というのが恒例になってますよね。
これがまた辛い(苦笑)

飲める本人だけが飲むだけならいいですが、これにゲームが絡んできたりすると厄介!

飲めない自分が当たってしまうとこれまた辛い…(苦笑)

でも場の雰囲気は壊せない…飲むしかない…

なんてことにもなります(笑)
(そこは正直に「嫌です」と断れる勇気がない僕の責任かもしれませんが(苦笑))

本当に飲めないから、飲みたくないという方もおられるでしょう。

そういったこともあり、お酒が飲めない方にとっては辛い場所かもしれませんね。

”恋愛離れ” ≒ ”合コン離れ”??

近年では「恋愛離れ」という言葉も耳にしました。
実際にはどうなのかはわかりませんが、そういった言葉が囁かれるということは少なからずあるのでしょう。

「出会いを求めていない=合コンをする必要がない=合コン離れ」

という構図になる気がしました。
これはあくまでも実際に恋愛離れが進んでいると仮定した場合なのでご注意ください。

様々な理由によって合コンをする人が減っている気はしますね。

僕の会社の20代の男性と話をしていて感じることがあります。

  • 彼女は欲しいと口にはするけど、そこまで真剣に探そうとしていない
  • 彼女ができたらできたで面倒臭そうと考えている
  • 一人の時間がなくなるのが嫌だ
  • 自分から積極的に話しかけたりということはできない(しない)

とザッとですが、こんな風に感じることがあります。
どれも「確かにそうやけど!!!」と思うこともありますが、何より一番は「欲しいという割には、そこまで欲しそうじゃない」と感じるところ。

女性に興味がないわけではないと思いますが、いざとなると「別にいいかな」と思っているように感じます。

そもそも恋愛に対して興味がなくなっているのではと感じます。
そんなこんなで確かに合コン離れというのはあるかもしれませんね(笑)

とは言っても、”相席居酒屋”や”スイッチバー”なんていう場所もあるぐらいですから、完全に離れてしまっているわけではない気がします(笑)

名前や形を変えて何かしら、男女の交流の場はあるのではないかと。

もしかしたら、ただ「合コン」という言葉が古いだけかもしれませんしね(笑)

まぁいずれにしても「出会いの場所」というのはどこでもあると思いますから、取り立てて”若者の〜離れ”とかは気にしなくてもいい気がしますけど(笑)

 

そろそろお花見の季節。
お酒を飲まれる方はほどほどに(笑)

 

以上、ヨシヒコでした。


culturenews
スポンサーリンク
to-many-hopesをフォロー
スポンサーリンク
サンドイッチ食うか?

コメント