初めてのえび巻き釣り。そして忘れた頃の更新。~今更感を堪えて~

fishing

どうも、ヨシヒコです。

久々の更新すぎて何を書こうかと悩んでおりました。
というのも、個人的に色々あり更新する時間を作れなかったことが何よりの原因。
スマホで更新することも考えたのですが、やはりあの小さい画面での文字入力と、効率の悪さ。
そして、操作性の悪さから更新することから離れてしまいました。

ですが、今回の連休で久しぶりに何の予定もない時間を取ることができたので今更ながら更新してみることにしました。

 

で、今回は先日会社の先輩と行った釣りについて記録用的な感じで書きたいと思います。

とはいえ、今回が初めてのえび巻き釣りですので、正確な情報をお伝えできるかどうかは不安ですが(苦笑)
参考程度に眺めていただければと思います。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

初めてのエサ釣り

厳密にいうと初めてではないのですが、小学生の頃に親父と行った釣り以来なので、もう何十年も前ということで、敢えて初めてと言わせていただきました。

今回僕がチャレンジした釣りは”えび巻き釣り”と呼ばれるもの。

ルアー釣りがメインなので、先輩に全て用意していただいたので、詳しくはわからないのですがシラサエビというエビを使って釣る釣り方です。



このようなエビを使って釣る釣りをえび巻き釣りというようです。
所謂、撒き餌を行って魚を集めそこに針にエビを付けた仕掛けを落として釣る釣法です。

エビの付け方にも色々あるようで…

餌となるエビを針にかけて釣るのですが、その針のかけ方にも色々あるようです。
今回僕が教えていただいたのは、エラ掛けと呼ばれる方法と、尻掛けと呼ばれる方法の2つでした。

エラ掛けと呼ばれるのは、エビのエラあたりに針を掛ける方法。

尻掛けと呼ばれるのは、エビの尻尾のあたりに針をかける方法。

※画像がないのが申し訳ない(苦笑)

えび巻き釣りというのは、先ほどもお伝えしたように、撒き餌をしてそこに餌を落とし釣るという方法なのですが、サビキ釣りのように死んだ餌ではなく、生きたままのエビを使うため、より釣果に繋がりやすいと言えると思います。

魚も新鮮な餌の方が好むと思いますからね(笑)

つまり、針にかけるエビももちろん生きているということになります。
ということは針をかける際に、エビを殺してしまっては意味がないということにもなります。

これがまた難しいんです(笑)

エラ掛けの場合

エラ掛けの場合だと死ぬ確率は低いように感じますが、裂けやすいイメージでした。
えび巻き釣りをされたことのない方のために、もう少し具体的に説明しますと、エラ掛けと聞くと魚のエラに針を刺すイメージかと思いますが、実際はそうではなく。

このような感じで、エビの硬い甲羅のような部分と本体の間に針を通して、甲羅のような部分にだけ針をかけるという方法になります。
ですから、刺すときに気をつければ多少は問題ないのかと思います。

尻掛けの場合

尻掛けの場合ですは、尻尾に近い部分に針を直接刺すことになるので、やはりこちらの方がエビにとってのダメージは大きいように感じます。

実際に痛そうでしたし(苦笑)

一概にどちらの掛け方がいいのかは僕にはまだわかりませんが、素人の僕にとって掛けやすいのは尻掛けだったため、メインを尻掛けで挑戦していました。

 

初めての仕掛け

全てをセッティングしてくれたため完全に他人のタックル、他人の仕掛けですので記憶を頼りに少しだけタックルを紹介します。

詳しい仕掛けやセッティング、タックル情報などは別の場所で検索をしていただいた方が良いかと思います(笑)

確かこんな感じだったような。

普段使っている竿が2.8mとかなので5m超えの竿は本当に扱うのが難しかったです(笑)

しかも、普段PEラインを使用しているので、久しぶりのフロロラインで戸惑ったことも多かったですが結果的に釣れたので楽しかったです。

 

肝心の釣果はというと

4時間ほどの釣行で、小さなグレと

メバル3匹。

40センチほどのチヌ。

後は写真は撮らなかったのですが、20センチ以下のアジを6匹ほど釣ることができました。

初めてのえび巻き釣りに挑戦しましたがとても楽しめました。

もし興味がある方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか。
ただ、サビキのようにお手軽フィッシングとはいかないようなのである程度の準備が必要になりそうですが(苦笑)

魚種を問わなければ数を釣ることもできそうなので、お子さんとでも楽しめるような気はしています。

 

そろそろ太刀魚のシーズンになり太刀魚アングラーも増えてきそうです。
秋といえば釣りとも言える程の良い季節ですので、僕も頑張って足を運びたいと思います。

 

ではまた。



fishinglife
スポンサーリンク
to-many-hopesをフォロー
スポンサーリンク
サンドイッチ食うか?

コメント