夢を乗せたホリエモンロケット

life

本当に残念でした…
個人的に堀江貴文さんが好きで著書も随分読ませていただいています。以前よりロケット打ち上げについてのお話を聞いていた事もあり、今回のロケット打ち上げには本当に期待をしていたのですが、まさかの失敗…
[blogcard url=”https://www.asahi.com/articles/ASL6X61C0L6XULBJ010.html”]
本当に残念です。
ですが、けが人はいなかったとの事なので、それが何よりです。
きっと堀江さんの事なので既に何が原因だったのかと次の行動のことも考えていると思うのできっとすぐに次の打ち上げに持って行ってくれると思います。
民間企業では国内初となる宇宙飛行。そう聞くだけで興奮してきませんか?
まさかこんな大きなことをやってのけるなんてと考えるとつくづく凄い人だなぁと思ってしまいます。
量産型で使い捨てのロケット
ですからこれはもうカイロのような感覚ですよね。ロケットを使い捨てなんていう発想ができること自体が僕には浮世離れしすぎてて(苦笑)
ロケット一機の費用が数億円と言われている中で、それを数千万でやろうって言ってるんですから本当に凄いですよね。
また、2020年には衛星打ち上げロケットを実用化する予定で、それに成功したら、サードステージとして地球近傍の小惑星の探査も視野に入れているということだからこれはもう…
クラウドファンディングの最高出資額1000万円のリターンとして「打ち上げボタンを押すことができる権利」というのがあってそれもサラッと売れてしまったということからも、やはり人々の関心は大きいのではないでしょうか。
 
何事も夢は大きく。
 
以上、ヨシヒコでした。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。