日本の根強い現金志向を考えてみた

life
スポンサーリンク

もうすぐ8月ですね。
年齢を重ねると日々の時間が経つのが本当に早く感じます。どこかで「なぜ年齢を重ねると時間が早く感じるか?」っていう話を聞いたことがありますけど、誰だったかな。
一年もあっという間で本当に1ヶ月なんてすぐですもんね。
なんとなく日々が過ぎてしまいがちな僕なので、時代に取りに残されないように日々頑張っております(笑)
時代と言えば本当に色々と急速に変化してきましたね。
僕が中学生の頃なんてまだ”ポケットベル”が全盛期で学生にも大人気のツールだったんですけど、そこから20年ほどでスマホやタブレットなんていうのがバンバン出てきたりして。
当時なんて家にパソコンがあるなんていうことはなかったのに、今や一家に一台どころか一人一台レベルの普及率ですよね。
そんなテクノロジーの進歩の中に、”お金”というものも含まれているようで。
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO33425390W8A720C1000000?channel=DF051020173088&style=1
年会費無料【Yahoo! JAPANカード】
世界ではキャッシュレス化が進んでいるそうですが、日本ではどうも根強い現金主義というのが残っているようで。
確かに僕も、カードなんかも持ってますがどうしても現金で支払うことの方が多いです。
というのもやっぱり

  1. いくら使ったか?
  2. いくら持ってるか?
  3. いくら残ってるか?

こういったことがはっきりわかるからだと思います。
現金なら財布の中を見れば今いくらあって、あといくら残ってるかというのが目で見てわかるので、セーブができるということが一番なのではないでしょうか。

確かにお金の管理は現金が一番だと思います。
クレジットカードなどの場合だと、いくらのものを買ったかということはわかりますが、常にカードで買い物を続けていくと今いくら使っているのかということがわかりにくいという現状があると思います。
さらに、カードの決済は2ヶ月後とかに来るのでその時に明細書を見て驚愕するということもあると思います。
なぜ、キャッシュレスが進まないのか。
不景気が一番なのではないでしょうか。安心した収入があって生活にもゆとりがある方で、値段を見なくてもものを買うことができる人ならいいのかもしれませんが、毎月不安になりながら「今月はどうしよう…」なんて考えているような人の場合、クレジットカードでの購入というのは難しいのではないでしょうか。
世の中お金持ちよりも日々の生活に苦しんでる方の方が多いので日本でのキャッシュレス化はまだもう少しかかりそうな気がします。
個人的には現金よりもカードで決済したいという気持ちがあるのは本音です。
現金だと嵩張りますし、財布を落としてしまったら落とした現金丸々無くしてしまうということにもなりますから。
ただ、カードや携帯での決済なら、ひとまずは止めればいいだけということになるので損をする可能性は極めて低いと。
僕としてはクレジットカードでガンガン購入してポイント貯めてとかっていう方向にスイッチしたいのですが月々の収入ではなかなかそうもいかず(苦笑)
給料日のATMの混雑っぷりったらないのでキャッシュレス化には賛成なのですが。
ベーシックインカム制度が本当に実現されるとしたらかなり生活も楽になるのでカード決済に移行できるかなーとも思っているのですが、そっちの方もどうなんでしょうか。

世界に比べて日本は一歩遅れを取っている気がします。
日本のキャッシュレス決済比率は18%、それに対して韓国では89%で、中国は60%。インドも38%と世界ではキャッシュレス化がどんどん進んでいるようです。
そんな中で現金主義でいるというのはどうなのか。
日本人はどうも古き良きと言いますか、頑固と言いますか、柔軟性がないというか、そう言った人種だと思います。僕も日本人なので偉そうなことは言えませんが、やっぱりもう少し世界を見てこれからの行動を考えていくべきではないかと思っております。
きっと今の日本には一気にキャッシュレス化をするだけの力はあると思うのですが、なぜか進まない。
それもきっとキャッシュレス化に対して賛否両論があるのでしょう。
でも、いつまでも日本独自の道を進むものいいですが、もう少し上手くやればいいのになぁと思います。

きっとお金はなくなっていくと思います。すでに世界では始まっていることで、それに乗り遅れてしまったら日本と世界との差はどんどん広がってしまうのではないでしょうか。
日本が好きだからこそ、頑張って欲しいなと思います。
以上、ヨシヒコでした。


コメント