児童虐待はどうしても理解ができない。

life

スマホやタブレット、パソコンを毎日見るようになってから、急激に目が悪くなってきた僕です。
前はかなり目がいい方だったのですがすごい勢いで目が悪くなった気がします。
メガネにしようかコンタクトにしようかなどと考えなくてはいけないようになってしまった…とても残念です…
今ではレーシックという手もありますが、まだ少し信用できないということと目に直接という恐怖感が物凄くて踏み切れません(苦笑)
周りにレーシックを受けた方がいれば色々感想やその後の経過なんかも聞いてみたいものです。
世の中には信じられないニュースがありますね。本当に考えられない。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33590290Q8A730C1EA1000/?nf=1
今だに減らない児童虐待問題。
虐待行為によって亡くなっている子供は年間に100人ともいうではありませんか。
そもそも暴力を振るうという行為が理解できない。僕には子供がいませんが、見知らぬ子供に確かにイライラすることもあります。でも、どれだけイライラしても暴力で片付けようという気持ちになったことはありません。
しかも、児童虐待の場合って自分の子供ですよね?
なぜそうなるんでしょう。
言うことを聞かないから?ただムカつくから?何れにしても暴力で解決することなんてないと思うのですが。
子供がいうことを聞かないのは当然だと思います。それが子供なのではないでしょうか。
僕も子供の頃はよく反発してましたし、迷惑なんかもこれでもかというぐらいかけてました。
でも、そういうものなんではないでしょうか。
ある調べでは児童虐待問題を抱えている家庭は母子家庭がほとんどだそうです。その中で児童虐待問題を抱えてしまう一番の要因は”貧困”だそうです。

確かにお金の問題はずっと付きまとってくると思います。公立や私立などの進路によっても多少の差があると思いますが、大学まで入れるとして約2500万円から3000万円ほどかかるそうですから。子供一人を育てるのに3000万円もかかると考えると、単純に子供が2人、3人となれば目の回るような金額がかかってくるわけです。
一番わからないのは、「なぜ母子家庭が多いのか?」ということです。
もちろんその家庭内での事情というものがあるでしょうから、結婚もしていない、子供もいない僕にいう権利はないのかもしれませんが…



なぜ、離婚という決断になるんでしょうか。
死別や家庭内暴力という理由は除いて、その他の原因の場合に置いて「離婚」という決断をするというのはどういうことなのでしょう。
僕の両親も離婚しているのですが、僕の家の離婚の理由は「父親が働かない」ということでした。
さらには多額の借金を背負っているということ。
母親も色々話をしてきたらしいのですが、結局改善されず離婚を決断したとのことです。
上記のような理由なら納得できるのですが、純粋に自分の意思と感情だけで離婚を決断するというのはどうなのかなと。子供を持つ身でありながら、個人的な感情で離婚を決断しても良いのでしょうか。子供を作ったのは自分自身ですし、子供を産むと決断したのも自分自身。子供に罪はないはずですがどうなのでしょう。
子供は親を選べないと同様に親も子供を選べないですが、「子供を作る」「子供を作らない」という選択肢はあるわけで。
できてしまったとしても、今では堕すという選択肢もあるわけで。
よく「子供を堕すなんて考えられない!!」といったようなことをみたりしますが、果たしてそうなんでしょうか。子供を産むことで、子供が不幸になるだけでなく自分が不幸になるということも十分考えた方がいいと思うのです。
その時の感情で「産む」と決断するのは果たして正しいのか。
少なからず費用はかかるわけで。そこまで考えていないからそうなったんだと思いますが。
少し話が違う方向に行ってしまいましたが、とにかく児童虐待は本当に理解に苦しみます。虐待と一括りで言っても色んな虐待があるそうですが、どれも全く理解できません。
少しでも虐待がなくなればと思っております。虐待しても本人の気持ちは収まらないはずです。虐待という行為になんのメリットもないということを理解して欲しいと心から願います。
 
以上、ヨシヒコでした。


コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。