「ながらスマホ」の危険性

life
スポンサーリンク

暦の上では夏はもう終わりだそうですが、はっきり言って全く終わる感じがしません(苦笑)
まだまだ暑いし、全然秋って感じもしませんし(苦笑)
この前に大量のトンボが飛んでいるのを見たときは「もう秋かな?」と感じましたが、流石に気温はまだまだ真夏並み…

いつまでこの暑い季節が続くのかと思うと少し気が滅入ってしまいます。

先日仕事から帰ってくる時に、何度も目にする光景があります。

それは「ながらスマホ」

近年ではこんな事件も随分と増えているようです。

自転車での「ながらスマホ」死亡事故 遺族が訴え「厳罰化が必要」 - ライブドアニュース
2017年12月に、「ながらスマホ」の自転車によって女性が死亡した事故。被告に禁錮2年、執行猶予4年の判決が言い渡されたが、遺族は厳罰化を訴える。「不幸な事故」「かわいそう」という形で終わらせたくないと語った

なんでも「ながらスマホ」による事故が急増しているそうです。
ですが、本当に危険なのでやめた方がいいと思います。




 

以前にも「車の運転について思うこと」という記事で書いたことがあるのですが、最近以前にも増して運転中でもスマホを触っている人が多いこと多いこと。

車の運転について思うこと
最近になって高齢者の方の運転による事故などが目につきます。いわゆる”もみじマーク”を付けている運転者の方ですね。確かに怖いと感じることって多いです。後ろを走っていても急にフラッとなったり、2車線の道路なんかだと隣の車線ギリギリを走行した...

なぜこんなになくならないんでしょう。
何がそんなに気になるんでしょう。

友人や恋人や会社からのメール?

ソシャゲ?

いずれにしても本当に多い。気づいてないと思っているようですが、はっきり言ってバレバレです。
車の運転について言えば、蛇行運転もいいとこ。

左に寄ったり、右に寄ったり、急にスピードを出したと思ったら、急にゆっくり。
高速道路で右側の追越車線を70キロなんかで走る方もいます。

明らかに注意力が散漫になっているにも関わらずなぜ減らないのでしょう。

そんなに気になることがあるのでしょうか。
僕も、正直運転中に触ることはあります。ですが、それは信号待ちの時のみで走行中に触るということはありません。

しかし、平気で走行中にスマホを触る人が多い。

しかも、バレないようにとハンドルの下に隠しながら見てるから尚更視線が下がって運転が危なっかしい。
本当にやめて欲しいです。



これだけ事故が多いのに、なぜか減らない。
きっと自分は大丈夫だと思っているからでしょう。
そういう人が一番危ないと思います。

「俺は大丈夫」
「私は絶対に事故しない」

なんていう人に限って事故をしやすいなんていう言葉もあるように、自信過剰というか自惚れというか。

事故が起こってからでは遅いです。本当に。

一瞬の出来事で起こることだから。
事故を経験した人で頭のいい人ならわかってるはずです。

事故は本当に危険です。幸い怪我しなくてよかったとか、軽い怪我でよかったとかそういう次元の話ではないんです。

その時は小さな事故で終わったかもしれません。
ですが、いつどんな大きな事故になるかわかりません。
自分は注意しているつもりでも、他人の運転による事故ということもあります。

とにかくどんな状況であっても「ながらスマホ」は危険な行為です。

歩きながらや自転車でも本当に危険な場合が多いです。

もし心当たりがある方は是非やめていただきたいと思います。

 

 

以上、ヨシヒコでした。



コメント