子供の自殺願望。なんて社会だ。

life

ここ数年から「自殺」というニュースをよく目にするようになりました。
いつの時代もこう言った問題ってあったとは思うのですが、ここまで多くなかったように思います。

ましてや社会人の人間が会社や人間関係にストレスを抱えてこう言った気持ちになることは僕も同じ社会人としてわかる気持ちはあります。

しかし、こんな子供の頃からこんな気持ちになるなんてかなり問題だと思います。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00010000-yomonline-life&p=1



今の日本がこんなことになっているのは本当に残念に思います。

「自分の居場所がない」
「自分の存在意義がわからない」

こんなことが子供のうちから感じるなんて本当にどうしたものか。
まだ世の中も知らない子供がすでにこんな感情を抱くなんて。

学校という環境がいかに居心地が悪いということなんでしょうか。
また家庭という空間が居心地が悪いということなんでしょうか。

【プログラミング5分動画レッスン】

僕は親ではないのですが、子供の頃よく思っていたことがあります。

「親は何もわかってくれない」
「親はいつもダメばかり」

こんなことをよく思っていました。
色々社会勉強をして、今この年齢になってみれば、教育や躾のためだということがわかりますが、当時は親の気持ちはわかるはずもありません。
さらに僕は長男なので親にとっても初めての子育てということになります。

つまり、親もどう教育してどう躾ていけばいいのかわからないはずです。

しかも仕事と違い、ルールなどは自分で決めなくてはいけませんし、相手の気持ちや意思もわかりません。
そんな状況でなんとか育てていくしかない。

本当に今だからそう思えますけど当時はそんな気持ちはわからず自分のことばかりでした。

「自殺したい」と思っている子供の中に僕が感じた気持ちを同じ感情を持っている子供がいたとしたら気持ちはわからなくもないです。

子供のそういう気持ちや感情を察してあげるのが親の勤め。

と言いたいところですが、そう簡単ではありません。
僕自身あまり親とは話をしなかったタイプなので、僕が何を思っているか、何を考えているかというのはわからなかったと思います。
そういう部分が積み重なり爆発した時に衝突してしまうということが多々ありました。

全てが親の責任とは思いませんが、少し子供の気持ちを考えてみてはいかがでしょうか。
自分が子供の時にどう感じていたか。

  • 家庭環境はどうだったか
  • 学校生活はどうだったか
  • 友達との関係はどうだったか
  • 部活やクラブをやっている場合はどうだったか

お子さんがいる方は自分のお子さんと同じ年齢の時の自分と照らし合わせてみるというのはどうでしょう。
親子は似ると言いますから、どこか似ている部分はあるかと思います。
嫌いなものや好きなもの、感じるものなんかもどこか通ずるものがあるかもしれません。

いくら子供といえども別の人間ですから全てがわかるとは思いませんが歩み寄ることは大切だと思います。

大小問わず言いたくても言えないことは誰にでも経験はあるはず。
子供も何かしらの不満やストレスを抱えているんだと思います。
少しでも取り除くことができれば相手の気持ちは軽くなるはずです。

それは親だけでなく、子供自身ももう少しだけ親の気持ちを考えてみるのもいいかもしれません。

親は親で色々なストレスを抱えていますし、自分よりも大きなストレスを抱えていることが多いです。
もしかしたら似たような問題を抱えているかもしれません。
その場合、共感する気持ちが生まれて上手く話ができるようになるかも。



全て親が…学校が…と他人に対して矢印を向けて考える前に自分はどうか考えてみてはいかがでしょう。
まず自分に矢印を向けて考えてみる。

一度他人に矢印を向けてしまうと、自分に矢印を向けることは難しくなります。

だから、まずは自分に対して考えてみるということをしてみてはどうでしょうか。

 

無駄な事件や事故、問題がなくなり、少しでも日本がよくなればと思います。

以上、ヨシヒコでした。



コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。