演歌歌手の凄さを知った瞬間

life

若い頃はバンドをやっていた事もあるぐらい音楽が好きな僕です。
基本的にあまり食わず嫌いせず聞くようにしているのですが、どうしても聞けないジャンルというものもあります。

 

僕の中では、「自分のレベルが低いから聞けない」という風に考えるようにしているのですが、そんな中”演歌”というものまだ聞けるレベルに達していない僕です(苦笑)

しかし、いつ放送されたのかはわからないのですが、YouTubeを見ているとこんな動画が。

徳永ゆうきさんという演歌歌手の方が米津玄師さんの”Lemon”という曲を歌った動画です。

演歌の乱という番組で歌われたようなのですが、この番組自体知りませんでした(苦笑)

 

たまたまYouTubeのおすすめ欄に出てきて何気なく再生して見た動画でした。


演歌歌手が歌うとどんな感じなんだろう。

やっぱりいわゆる”こぶし”というのが入って演歌演歌してしまうのかな〜なんて思っていたら…
全然そんな事なくてびっくりしました。

 

歌が上手いのは当然なのですが、曲に合わせて優しく歌っているというか、自分の歌い方というよりも曲に合った歌い方を選んで歌っているというか。

聞いていて涙が出ました(苦笑)

いやー音楽を聴いて涙を流すということは結構日常茶飯事な僕なのですが、この曲もとても素晴らしく感動しました。

フレッツ光で音楽放送を楽しもう。今なら特典付き!

原曲の米津さんのオリジナルもとてもいい曲なのですが、また別の色が出ているというか。
徳永さんの場合は”Lemon”ではなく”檸檬”という印象がしました。

 

やっぱり音楽って素晴らしいなぁと改めて実感した今日でした。

きっと人と音楽は切っても切れない関係にあるんだと思います。
音楽と生きるって素晴らしいことだと思います。

 

以上、ヨシヒコでした。



コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。