パソコンを使わないから低収入なのか?

life

どうも、年功序列という言葉が嫌いな僕です。
とは言っても、今の時代に年功序列という風潮も無くなっているように感じますが(苦笑)

出来る人はしっかりと相応の評価するのが従業員にとっても企業にとってもいいんですよね。

いわゆるwin-winの関係というやつです。

 

さて、年々平均年収が下がってきているということを耳にします。

日本人の給料はまだまだ下がる。政府の「統計だけ」賃金アップに騙されるな=斎藤満 | マネーボイス
個人消費の弱さが慢性化・重症化してきました。政府が発表した1-3月の雇用者報酬増は「見かけ倒し」であると判明。賃金が増えなければ消費が増えないのも当然です。

この記事を読むとまだまだ下がるようですが、そうなるとやはり国民としては非常に苦しくなる一方です。
高齢化が進行するに連れて医療費や介護費などが増えるという事もあり、収入は多い方がいいと思います。

何より生きていくだけで”お金”というものが必要になる社会で収入が低いというのは生きていく事もしんどくなってしまうということになります。

そんな中気になった記事を見つけました。

収入の低い人ほどメールをすぐに返さない
高所得者と低所得者の「ネットの使い方」にはどんな違いがあるのか。雑誌「プレジデント」では、年収1500万円と年収500万円のビジネスパーソン250人ずつにアンケートを実施。その違いを探った。第1回は「仕事での使い方」について――。(全4回)※本稿は、「プレジデ

収入が低い人はメールをすぐに返さない。

何となく決めつけなような気もしますが(苦笑)

実際、その時の状況や都合というものもありますから、すぐに返せないという事もあるわけで。
この中には「比較的すぐに返さない人が多い」というニュアンスが含まれていると思いますが。

そこも気になった部分ではあるのですが、一番気になったのは

若手低年収層の3割以上が、家でパソコンを使わない

という一文。

今の時代はパソコンがなくてもスマホやタブレットでことが足りてしまう部分もあると思うのですが、パソコンを使う人と使わない人とでは年収に差が出るというところがどうしても引っかかってしまって。

僕はパソコンを使いますが、低収入層にいます。
パソコンを使わないけど、高収入層にいる人もいると思います。

とまぁ、こういうことを言い出してしまったらキリがないのですが、最近ではスマホでメールがチェックできるアプリがあったりタブレットにキーボードを接続してノートパソコンのように使うことができます。

 

いくらキーボードを接続したからといって”タブレット=ノートパソコン”にはなりませんが、メールをチェックすること、ネットを見ることはタブレットやスマホでも可能なわけです。

ひろゆきさんとホリエモンさんの対談の際にひろゆきさんがこう仰っていました。

僕はPC推進派なんですよ。確かにスマホは便利ですけど、スマホのスキルが上がっても“スマホを利用した消費者”にしかなれない気がします。

逆にPCを持っているとプログラムのほかに音楽や動画、アニメなども作ったりできる。そんな感じで、興味がある分野でクリエーティブな活動ができるスキルが身についたりするんじゃないかと。

確かにスマホはパソコンに比べると消費者感は強いと思います。
最近ではスマホで写真を加工したり、動画を編集したりといったアプリが出ていますが、やはりスマホでのスペックを考えるとパソコンには到底及びません。

いくらスマホのアプリをダウンロードして、そのスキルが上がったとしても通用しないという気持ちはわかります。

それに対してホリエモンさんはこう仰っていました。

もちろん、今はイラストや音楽制作はPCベースのほうがクオリティは高いけど、スマホ向けのツールはどんどん進化してるからね。

とホリエモンさんはスマホでも十分太刀打ちできるというような意見をお持ちでした。

 

僕にはどちらの意見も正しい気がしました。
個人的な結論としては、上手く使い分けるという何とも面白みのない答えに辿り着いたのですが(苦笑)

ここで先ほどの記事の話に戻りますが、パソコンを使っているか使っていないかで年収が変わるというのはどうも納得がいきません。
もちろん一番は使い方の差であることは間違いありません。

 

しかし、パソコンを使っていない人は〜という見解がどうも納得いかなくて今回この記事を書きました。

こういう記事を読むことって結構あるのですが、こういう内容の記事って基本的に高収入者目線というか、話がとても上の世界で書かれているような気がします。

この記事を読んだ方が
「高年収な人は自宅に帰ってパソコンを見るのか!」

と言ったような気持ちになったとしても、何をどのように活用するかがわからなければそれはただパソコンを使ってニュースを見るだけとか、動画を見るだけとかになってしまい兼ねない気がします。

ニュースならスマホでも見れますし、動画も見れます。
スマホの場合、画面が小さいというデメリットはありますが、その分気軽に見ることができるというメリットがあります。

今の時代ここまでスマホが主流になって誰もが持っている時代になったのかということを考えるとスマホの実力というか、魅力はとても大きなものだと思います。

 

さらに、タブレットというスマホでもノートパソコンでもないというような新たなジャンルができたという事もあり、ノートパソコン離れというのは仕方がない部分もあるのではないかと思います。

実際に僕もタブレットも持っていますが、調べ物する時なんかはスマホかタブレットでしています。

このブログのような文字を入力するのは画面のタッチで入力するよりも、キーボードで叩く方が何倍も速いのでパソコンを使いますが、基本的にはスマホかタブレットで済ます事が多いです。

 

高年収の方で常に時間を刻みながらお仕事をされている方なんかはパソコンを開くよりもスマホやタブレットで常にチェックしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そう考えると、低年収の人はパソコンを使わないというのは少し無理くりなのではないかと感じてしまいます。

本当に仕事ができる人や年収が高い人っていうのは、そう言った環境や使うものにあまりこだわったりしないのではないんじゃないかなと思ったりしてます。

できる人や結果を出せる人って、何やってもできると思いますから。

パソコンがないから結果が出せない。

なんてことはないんじゃないかなと思います。

結局何が言いたいのか自分でもわからなくなってしまいましたが(苦笑)

要は、統計はあくまで統計であって事実とは異なる場合もあるんじゃないかなと。
日本全国の人口から統計を取っているわけじゃないですし、データとして偏りがあるんじゃないかなと思うわけです。

なんか偉そうなことを言ってしまいましたが、書かずにはいられなかったのでここに書かせていただきました(苦笑)

 

以上、ヨシヒコでした。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。