サマータイム導入はやめた方がいいと思う

news

梅雨も明け、ようやく天気も落ち着いてたと思い昨日車とバイクを洗車したのですが、まさか今週末は天気が崩れると聞いてかなりショックを受けている僕です…。
天気予報見てからやれば良かった。
また天気が回復してから洗車しなくてはと思うと気が重いです。
夏といえば先日東京オリンピックに向けて日本もサマータイムの導入が検討されたようですね。
https://www.sankei.com/politics/news/180807/plt1808070015-n1.html

スポンサーリンク

サマータイムって何でしょう?


サマータイムをご存じない方のために、簡単に説明します。

サマータイムとは日照時間の長い夏に、一斉に時間を1~2時間繰り上げ、明るい時間を有効活用する制度。デイライト・セービング・タイム(太陽光有効活用時間制度)とも呼ばれる。環境省によると、欧米など約70カ国(平成21年)で広く実施されている。省エネ効果のほか、余暇の充実、健康増進、観光振興、犯罪の防止などの効果があるとされる。

ということです。
サマータイムの導入をしている国は、世界で約70カ国と言われています。
ヨーロッパではほとんどの国が導入しており、その他の国では東欧、アメリカの一部、カナダや、中東ではイランなど、南半球ではニュージーランド、オーストラリアで導入されています。


実は過去に日本でも導入されていた


サマータイムと言えば海外のイメージがある方もいらっしゃると思いますが、実は日本も今から70年前の1948年に、電力不足の深刻化などを受けて連合国軍総司令部(GHQ)の指示で一度導入されたことがあるのですが、結局定着せずに4年後の1952年に廃止されたという過去があります。
その後、地球温暖化や節電対策ということで国会で何度も議論があったそうですが、労働組合側が「労働強化となる」ということで反論したことと、産業界のシステム変更に対してコストが掛かりすぎるということでこれまで中断してきました。


コストを考えるとやっぱり辞めておいた方がいいと思う

今回のサマータイムの導入は東京オリンピックに向けて2019年と2020年の2年間だけ導入するそう。
個人的にたった2年のためだけに導入するのはどうかと思います。
僕の理由としては大阪府知事の松井さんと同じ意見です。
https://www.asahi.com/articles/ASL8853N1L88PTIL030.html?iref=pc_ss_date
確かに2年だけしか実施しないと考えるとコストの方が高くつきすぎるんじゃないかと思うわけです。
過去に導入して4年で定着せずに廃止という背景がありながらまた2年だけの導入となると無駄なんじゃないかと感じます。
しかも最も暑い6~8月を軸に数カ月間だけ2時間繰り上げる方向で検討してるとか。来年の2019年に試験導入した上で問題点を改善し、翌年の2020年に本格導入する案が有力だそうで完全にオリンピック向けの提案といえるようです。
だけど、サマータイムを導入するほどのことなのかと思ってしまいます。
導入することのデメリットや経費を考えると必要ないと考える方がいいのではと思います。あまりにも安易すぎるような気がして…
いくら時代が進んでいる経済も変わっているとは言え、過去に失敗した例を再発するというのはいかがなものかと。しかも、たった2年だけ。
メリットよりもデメリットの方が大きい気がして…


サマータイム自体を否定しているわけではないんです。

僕も完全にサマータイムを否定しているわけではありません。ただ、2年だけとかオリンピックのためにとかっていう理由なのが気になっているだけです。
日本もかなり暑くなってきてます。京都なんかでは40度を超える日もありますし、熱中症によって亡くなった方もおられます。ですから、サマータイムを導入してそういったことが回避、改善できるのであれば賛成派です。
ですが、今回の件に関してはどうしても納得できません。
ただでさえ財政問題なんかを抱えている時なのに、新しいシステムの導入やこれまでのシステムの変更にかかるコストっていうのが莫大すぎるのはないかと。
これからずっとサマータイムを導入するとかっていうことならまだわかるのですが。
より良い日本のためなら賛成です。
しかし、どうもオリンピック特別感が否めないのが釈然としません。
個人的な意見なので、賛否両論あるかと思いますが、もしよければみなさんのご意見などお聞かせいただければ嬉しいです。
以上、ヨシヒコでした。


コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。